アフィリエイト初心者講座(4)アフィリエイト広告の効果的な貼り方

007
アフィリエイト記事でのアフィリエイト広告の
効果的な貼り方について、考えてみましょう。

アフィリエイトバナー広告の貼り過ぎは禁物ですよ?
という記事を読んでいただけた方には
「じゃあ、どこにどうやって貼ればいいの?」と感じたかもしれませんね。

むやみやたらに、アフィリエイトバナー広告を
たくさん貼りつけてしまうのは危険なんですが、
効果的に貼る方法はあります。

紹介に交えてコンテンツ内・記事内に貼る

当たり前と言われれば当たり前なんですが
本当に、あぁこの人初心者さんなんだろうな・・・と思うブログには
日記みたいなことが書いてあって
突然 一番最後にポン!とバナー広告が貼られていて
「見てね♪」
とか書いてあるんですよね^^;

きちんとテーマが決まっているサイトであれば
コンテンツ記事をきちんと書いて
それに沿った上でバナーを貼りつけるべきでしょうね。

そうです。
そのバナーのリンク先に興味を持たせること。
これが必要なんです。

たとえば、自分がAという洗顔石鹸を購入して
そのレビュー記事を書いた、とします。

Aさん:「A石鹸を購入しました!使ってみたら肌はつやつやぷるぷるになりました!
よかったら公式サイト見てくださいね! バナーをぽちっとお願いします」

Bさん:「A石鹸を1週間使ってみました!まずは結果として、
起きたときの肌がぷるぷるになっていることに感動!
肌の弱い私にも合いました!」
という書き出しから始まって写真とともに
購入するきっかけや、使用上のメリット、商品の詳細などを
掲載し、最後にバナーで公式サイトはこちらです。的な紹介。

どちらが、訪問してきてくれた方に親切でわかりやすく説明されてると思いますか?
Aの場合には、これだけでバナーを貼ってしまったら、いかにも買って買ってしてしてちゃんですよね。
紹介したい洗顔石鹸の概略や、詳細が全く説明されていません。

Bの場合が私的には○だと思います。
実際に利用している人が紹介している、画像も掲載されているなどから
訪問者に信頼感を与えます。
利用者が使ってる安全かつ、肌に良い石鹸なのだ、ということがわかりますよね。
その洗顔石鹸をもう使っていた人が訪問してきた、として
この人ほかに何を使っているのかな?と思い、違う商品を購入してくれるかもしれませんよね。

何度も文章の中に紹介したいサイト名を入れることはSEO的にもgoodです。
そこにバナーを貼りつけることで、文字だけではなく画像が光るものなのです。

アフィリエイトに必要なのは信頼度です

アフィリエイトサイトに必要なものは紹介している側の信頼度です。
「この人から購入したら、私も肌がきれいになりそう」
「このサイトから購入するなら、損はしなさそう」
そこにきちんとしたレビューが書いてあれば◎ですよ^^
バナーを貼ることは、サイトをさみしくさせないためのものではなく
効果的にバナーを貼ることで、広告も光るのだ、ということ実践してみてくださいね^^

ちなみに、当サイトの記事をご覧いただけるとわかるように
コンテンツ記事の出だしはオリジナルの画像を置いて
記事の中身のポイントを書いています。
これはすべて自作です。

ヘッダー画像も自作です。

こういうのが簡単に作れると、かなりデザイン力もアップしますよね。
私はバナープラスを利用して、このような画像を作っています。
クリックだけで作成できるし、操作も簡単です。

画像作成ツールがない、という方はひとつこういった
画像作成ツールを持っていると、便利です。

なによりユーザーに文字だらけのサイトよりもインパクトを与えますしね^^

バナープラスは初心者の方でも簡単に華やかなヘッダーやバナーをつくれるソフトです。「売れる画像素材」を組み合わせることで、初心者の方からプロの方まで、売り上げの上がるバナーやヘッダーを簡単に作ることができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>