ママ友グループのつきあい方によっては子供が学校でいじめや学級崩壊につながる その付き合い方問題行動につながっていない?

144374d8c17e483abca29297dc3bab5e_s
144374d8c17e483abca29297dc3bab5e_s

先日書いた記事が思いのほか検索でヒットするようで、
その検索キーワードに訪問してくださる方の気持ちが見えるような気がしてなりません。

その記事は「ママ友が怖い」の記事です。
http://rujupedia.com/benri/ent24.html

ママ友がこわい ママ友子供が同学年 ママ友幼稚園態度がでかい

などなど、ママ友がこわい と感じているママ、きっと多いんじゃないかと思います。

そして、ママ友同士のお付き合いは幼稚園が一番濃い。
と私も感じていたのですが、先日目にしたTwitterに驚くべきものがありました・・・

ママ友LINEグループってこわい

私は、長男が小学校3年生次男2年三男1年という年齢で
東京に越してきました。
それまでは横浜でした。
東京都と言っても私達が越したのは 都下でしたから横浜よりも
田舎っぽかったんですよね。

当然、田舎っぽいところのほうが、子供は外に出て遊んでるもの、と思っていたんですが
横浜でのびのびと学校が終わった後や休みの日に外で遊んでいたわが子たち。
こっちに来てびっくりしていました。
「かあちゃん こっちは自転車でみんなでどっか行こうって遊びに行かないよ」
「かあちゃん こっちは外で遊ばないで家の中とかでゲームばっかりだよ」
えええ~そーなの~?

そうだったみたいです。
遊びに行った子のお母さんにスーパーなどであった時には
いつもお世話になってます 程度のあいさつはしていましたけど
私はこっちに来てからは、ママたちもちょっと苦手な雰囲気(もうすでにグループが出来上がっているから)だったので、当たらず障らずでした。
それがよかったんだと思うんですけどね。
先日、目にしたTwitter・・・これが今のママたちなのか・・・と思ったら
あの頃LINEなくてよかった・・・って思っちゃいましたよ。

これが授業参観に来ている親のやることでしょうか?
というか、親がやることでしょうか?

しかもLINE使ってわざわざ他の学年の人まで・・・。

これって初めに「あの子よ、あの子」とやった人のいわば「主観」だけで
周りを扇動しているわけですよね。
しかも授業参観中に。

こういうことをする親を見て子供は育つんですよね。

私にも仲良しの人はいますが、LINEは彼女たちとはしていません。
用事があるときにメールをする程度。
彼女たちも
「LINEは家族・身内だけって決めてるから」って言ってました。
これでいいと思うんですけどね。

子供もLINEでグループを作り、グループに入ってたはずがいつの間にか外され
気が付くといじめられるようになった
こんな話もものすごく目にするようになりましたよね。

本人の知らないところで悪口 なんてことは昔からありましたけど
学校の外で親まで一緒になって あの人さー あの人がね
なんてやってて楽しいんでしょうか?(楽しいのか・・・そういう人たちは)

そして今日Yahooニュースにこんな記事がありました。

荒れる小学校 感情を我慢できない子たちが増えた

f6dcfc6cb406eaaa16f05a0a28a7de31_s

偶然でしょうか、今日読んだニュースです。

教師蹴る小1、通行人暴行=荒れる小学校、対応模索―問題行動調査
暴力行為などの低年齢化が鮮明になった文部科学省の問題行動調査。
 各地から寄せられた回答には「小1に何度も蹴られ、教師が通院」「登校中に注意された児童が通行人に暴行」など目を疑うような事例が並んだ。低学年を中心に件数が急増しており、学校現場では対応に模索が続く。
 発生件数が最も多かった大阪。府教委の担当者は「家庭環境が影響し、規範意識に乏しい子どもや自分の感情を抑えきれない子どもが増えている」と分析する。生徒指導担当の増員など中学で行っている対策が小学校にも必要かもしれないとし、「問題ある子どもに、迅速かつじっくりと対応する人の確保が重要だ」と話した。
 大阪府高槻市教委は「コミュニケーションが苦手な子が問題を起こしやすい」として、友人関係の状況や学習意欲などを測る心理テストや、人を傷つけない話し方を学ぶ講座などを指導に活用している。問題行動を繰り返す児童へのサポートチーム設置なども進めており、発生件数は減少傾向にあるという。 (*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00000100-jij-soci)

このニュースの中の
「家庭環境が影響し、規範意識に乏しい子どもや自分の感情を抑えきれない子どもが増えている」
この一文。

前述した授業参観の話を比べてみてどうでしょうか。

自分の子供の参観日に来たにも関わらず、自分の子供をいじめてる?と思われる
子供を発見した途端、他のクラスにまで行き違うクラスの保護者を連れてきて
さらに全く関係のない保護者にまでLINEが周り バラバラと見に来る。

なぜ授業参観が終わるまで待てないのでしょうか。

これが
・規律意識に乏しい
・自分の感情を抑えきれない
親の姿です。

子供は親のやること、言う事 よく見てるし 実はよく聞いてます。

子供のいじめが問題になる中、
率先して親が子供に「いじめってこうやるんだよ」
って教えてるようなもんだと思いませんか?

人が嫌がるこをしちゃいけない って教えているはずの
おしえなくちゃいけないはずの 親が人の嫌がることをする
というのは、どういうことなんでしょうね^^;

永遠のテーマになりそうなんだけど、ママ友って友がつくけど友達じゃないっていう不思議な言葉ですよね。
「ママ友が嫌いなんです」
え?友達じゃないの?ってつっこみたくなる不思議な言葉です。

親の付き合い方が子供の学校生活にまで影響することを考えて
親も行動しないといけないと思うんですよね。

うちなんて何回
「〇〇君と遊んじゃだめってお母さんに言われた」
と言われてきたことか。。。

これがママグループに属していればそんなこともなかったかも
と思うこともありますが
私は私を殺してまで、そういうお付き合いはできないから
ごめんね って子供に言ってたかなー。

ママ友内のいじめやママカーストが子供の学級崩壊につながる
というのは、あまりにも極端に考えているかもしれませんが
一端はあるんじゃないのかな。と思います。

みなさんはどう思われますか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>