コンテンツ数・情報量とアクセス数は比例するのでしょうか?

010
アクセスアップをするのであればSEO対策は当然欠かせませんが
SEOと同等、いやそれ以上?なものがコンテンツです。

アクセスアップするためには当然、コンテンツの充実は欠かせません。
が、コンテンツの充実って量があればいいってものではないんです。
いくら量があっても質が良くなければ、量があっても上位表示はされません。

これがいわゆるGoogleがいう低品質なサイト ってことですね。

稼げるサイトはユーザーの欲しがるものをすぐに指し示すことができる

コンテンツの充実・・・は簡単にはいかないというか
テーマがぶれていなければ、それに対して
ユーザーはどういうことを求めているんだろう?ということを
考えてコンテンツを充実させていけばいいわけです。

そのテーマからコンテンツがどんどん離れていくことって
実はよくあるんですよね~。

そこで大切なことはアクセス解析をちゃんと把握すること。
アクセス解析を見ると、検索エンジンから訪問してきたユーザーが
どんなキーワードで検索して訪問してきているのか、がわかりますよね。

それを追跡していった時、検索エンジンの3ページ目に
自分のサイトがあった、とします。
そうしたら1ページ目、2ページ目にはどんなサイトがあるのか、を確認すること。

たとえば、そのキーワードは自分でもそんなに意識していなかったキーワードだったとして
それでも3ページ目に表示されている、と。
1ページ目、2ページ目を見た時に、
こういっちゃなんですが「あぁ、大したことないサイトが並んでるな~」とか
サイトテーマとして、そのキーワードをメインにしているサイトがなければ
そこを強化してあげましょう!

1ページ目の上から2サイトは必ずユーザーからのアクセスがあります。
そこを狙っていくことが可能なんです。

アクセス解析を見ると「えっ?こんな言葉で、こんな文章で検索してくる人もいるんだ」ということに結構気がついたりします。
ベストなのは、サイトのテーマに沿った情報量を多くすること。

量より質でも質より量でもない。大切なことは?

他のサイトで見たことがあるような情報しかなくて
オリジナルな記事が少ないサイトは低品質とみなされてしまうことがあります。
どんなに情報量があったとしても、ユーザーもあ、これね・・・と
すぐにサイトを離れてしまうサイトは検索上位にしてくれないんですよね~。

でも、逆に情報量が少なくても
自分が知りたい情報に加えて「え?そうなんだ」と思うような情報が
定期的に掲載されるサイトは私はもちろんブックマークしますし
間違いなくリピーターになるでしょう。

他のサイトに無い情報とコンテンツ・情報量がアクセスアップの王道につながると思います。
できる限り、私はこういったサイトになりたいと、当ブログを作成・運営しています。
なので、質問は本当に助かるんです。
質問をいただけるということは、訪問してきた方、これからアフィリエイトしたいという方が
「どんなことがわからなくて、どんなことが疑問なのか」ということがストレートにわかります。
その質問から記事のヒントをいくつも得ることができるんです。
ですので「こんな質問しちゃいけないんじゃないか」「恥ずかしい」と思わずに、質問・相談はどんどん受け付けていきたいと思っています^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>