あの○○さんなんて しらねーよ!って思う商材を薦める記事大杉

005

稼げる記事の書き方に分類してしまいましたが

アフィリエイト指南ブログを久しぶりに再開、というか
ドメイン取得して、また一から書いている るじゅです。

いやー、、、それで、人気ブログにも登録しました、当然ながら。
そして、当然ながら順位チェックしてみました。
順位チェックって言いながら ほかのアフィリエイターさんのブログもちろちろ見てるんですが、
この「あのなんとかさんがついに出しましたよ!」とかいう初めの一行。
この言葉を情報商材を紹介する記事で書いている人って
いますよね・・・・。

商材を売りたいならば、そんな言葉より
もっと違う言葉で投げかける方法たくさんありますし
その人自身の言葉で書いてくれたほうが、読んだ人には好印象を与えるかどうかはわかりませんけど悪印象は与えません。

でも、この
「あのなんとかさんが~」は悪影響だと思うんですよ。

私、それ見ただけでサクっとそのブログは閉じます。
だってですね、TVに出ているような有名人ならわかりますよ?
でも、情報商材作成してる人やアフィリエイトのトップの人なんて
一般人は知りません って話です。

さすがにYouTuberのヒカキンさんだったら高校生くらいは3人に1人は知ってるかもしれませんけど、その程度ですよ?

うさんくさいんですよー><

あのまるまるさんって だれや?
って突っ込んでるの私だけですかね?

あー、、、敵を増やしそうなこと書いてますが ずっとこれ、感じてることなんですよ。

なんていうんですかね、、、

自分のブログの言葉では勝負できないから その有名な人の名前を出している感じ。

それがすごくもったいないな~、、、って思うんですよねー。

自分が売りたいもの、どうしてもこれはオススメしたいもの
ってあるのわかります。

そしたら、自分の言葉で勝負すべきじゃないでしょうか。
一歩引いて、じゃあそのまるまるさんをきちんと紹介したうえで
商品をすすめたほうが信頼度はまだ高いと思います。

特にこういうアフィリエイトブログって信頼度が命じゃないでしょうか?

それにですね、あの〇〇さんが!ってその〇〇さんを知っている人は
すでに初心者じゃないでしょ?
それくらいアフィリエイトの商材に知識がある人ですよね。

商材に知識がある人に、いくらそういう文面で押しても
逆に「お、あの人出したのか。じゃあ俺もレビューしとくか」
って記事ネタ取られるだけですよ。

私はアフィリエイト歴だけは長いですが
そういう有名な人はほとんど知りません。
交流も有名な人としたことないですしね・・・^^;

でも、コメントくださった方とは今でもずーっとメールで相談に乗ったりしています。

たとえば
「これこれこんなキーワードを扱ってアドセンスブログ作りたいんですけど
キーワードどうすればいいんでしょうか?」

とか
「ブログの移転をするときはリダイレクトしたほうがいいですか?」
とか
「やっぱり賢威かったほうがいいんでしょうか?」
とか。

全部私はお答えしていますし、キーワードも調べますよ^^
せっかく相談してきてくれているのですし、その相談内容から
ブログの記事のきっかけになることもたくさんあります。

そして、懸念されることが
そういうアフィリエイト界の有名人の名前が書いてあるから、きっとこれすごいんだろうな
ってつい乗せられて 商材購入しちゃうこと。

商材を購入する際は、特典に目がひかれがちですけど
きちんとサポートしてくれる人を選んで購入したほうが絶対に
特典よりお得です。

月額100万稼いでますって言ってる人がそういうまるまるさんが~系のこと書いてたら、おそらくその人は月額100万円なんて稼いでない。

と・・・まぁぶっちゃけましたが

自分の言葉で勝負できていない人から商材購入しても
それなりのサポートしか 望めないでしょう(バッサリ

〇〇さんて誰やねん!というお話でしたw

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>