「プール熱」に感染したら?夏に流行する「プール熱」とは

a0800_001255

夏といえば海水浴やプールですよね。
小さいお子さん、小学生のお子さんをお持ちのご家庭の方は
夏休みプールに行くことも多いのではないでしょうか?

我が家はもうすっかり成人した子3人なので
プールや海水浴は無縁です(笑)

a0800_001255
でも3人連れて昔は連れていきましたね~。
プールに連れていけばとりあえず1日遊べるし、夜も疲れてすぐ寝てくれますしねw

で、注意したいのが「プール熱」です。
手足口病・ヘルパンギーナと並ぶ夏風邪の一種で
初夏から秋にかけて園児や小学生の間に流行する高熱を伴う感染症です。

プールを介して感染するから「プール熱」

名前の通りプールを介して感染するからプール熱なんですが
正式名称は「咽頭結膜熱」というものです。

さて、このプール熱の原因はアデノウイルスです。
アデノウイルスは感染力が非常に高く、口だけではなく鼻、喉、目の結膜から体内に入り込むので、プールの水だけではなく、湯船や共有するタオル、食器から感染してしまう危険性も高いんで、家庭でも注意が必要。
プールを利用していないような未就学児のお子さんにも感染してしまうことがあります。

プール熱には特効薬はありません

プール熱は潜伏期間が5日から1週間と割と長いので、風邪?と間違うことも。
38度以上の高熱、炎症から起こる喉の強い痛み、咳 以外にも
嘔吐や下痢、結膜炎のよる目の痛みやかゆみ、充血、目ヤニ
などが発生します。
厄介ですね・・・・。

プール熱は特効薬がないため、お子さんであれば小児科にまずは受診し先生の処方に従いましょう。
結膜炎が悪化したら眼科での受診を。

咽頭結膜炎は喉が痛いので食欲が減退してしまうかもしれませんが
柔らかいもの、のど越しのよいもの、冷たいものを少しずつでも摂らせてあげてください。
片栗粉などでとろみをつけてあげてもよいですよ。

脱水症状が一番注意したいところです。スプーン1杯ずつでもイオン水などを飲ませてあげてもよいですし、イオン水を凍らせて口に含ませてあげてもよいかもしれないですね。

家族が感染した場合には鼻汁、目やに、唾液、便の接触に注意

プール熱は感染力が非常に高いので、もしも家族で誰かが感染してしまったら、感染に注意してください。
鼻水や目ヤニ、唾液、便に病原菌が潜んでいるので、タオルや食器の共有は避けてください。
またうがい、手洗いはこまめに。

学校や園がある場合には学校保健安全法により主な症状がなくなってから2日間は登校停止です。
(幼稚園・保育園など園の規定に従ってください)

プール熱はつらい症状が多く、大人のように子供は我慢ができません。
お子さん自身も思うように体が動かない、回復しない ということから普段よりも落ち着かない、わがままな状態になることもあるかもしれません。
でもつらいのはお子さんです。
熱のこもりやすいわきの下や足の付け根をタオルで包んだ保冷剤などで冷やしてあげたり、ゼリーや飲み物などで気持ちを和らげてあげてくださいね。

大人にとっては長くて面倒な夏休み・・・かもしれませんが
子供にとって夏休みは楽園!
小さいうちにしか感じられない楽しい夏を過ごせますように^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>