中高年は要注意 これからくる夏の熱中症対策 

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_s

台風一過をむか〜し 台風一家と思い込んでいました、こんにちは。

それはさておき、台風が過ぎると必ず来るのが気温の上昇ですよね。
TV番組や天気予報でも熱中症度が表示されるくらい、夏になると叫ばれる熱中症。

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_s
特にお年寄りはクーラーを使いたくない、という理由から熱中症になってしまう人が多いようです。
暑い日はガンガンに効かせなくてもクーラーを使うようにしましょう。

そしてタイトルに「中高年は要注意」と入れたのは私が中高年であり
中高年には意外と運動をしている人も多く、この年代は中学生の頃、運動部にいた人は
「根性」がしみこまれているのでw ちょっと体調が悪くても運動を続けちゃう人が多いんですよね。

熱中症の種類

熱中症にも種類や段階があるようですね。

私は週3回空手をやっているんですが、内2日は夜なので、まだ暑さをなんとかしのぐことはできるんですが
残りの1日がきつい。
更年期もあって、頭がぼーっとしやすく、のぼせ、ほてりというホットフラッシュもあるので
すぐ熱中症になるんです。ひどいのが頭痛。
頭痛も熱中症の1つです。

熱中症にはいろいろな症状があるのですが
めまいやふらつきは熱中症の初期症状になります。
高齢の方と同居されている方は、この初期症状に気が付いたらすぐに涼しい部屋で休ませてあげてください。
さらに、元々体調が悪い、とか偏頭痛もち、とか更年期などから
頭痛や倦怠感を感じている方は熱中症になっていることに気が付かないこともあります。

熱中症になってしまったときには適切な応急処置が大切なようです。

熱失神

皮膚血管が拡張することで血圧が低下してしまい脳血流が減少して起こるもの。
脈は弱いのに速くなるのが特徴。

・めまい
・一時的な失神
・顔面蒼白

熱けいれん

大量に汗をかくと、水を補給しますよね。
しかし水だけを補給すると血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下したときに、足や腕、腹部の筋肉に痛みを伴う痙攣が起こります。

・筋肉痛
・手足がつる
・筋肉がけいれんする

熱疲労

大量に汗をかいて、水分補給が追いつかない状態は身体が脱水症状を起こし熱疲労の症状がみられます。
私の場合は、まさにこの症状が空手にいく度出ます^^;

・全身倦怠感
・悪心・嘔吐
・頭痛
・集中力や判断力の低下

この上記3つの症状で治まるうちにきちんと対処するのが大切で
私は予防策としては、運動する日は
・凍らせたタオルを持参する
・氷だけを入れた水筒を用意する(水も水筒の1/3くらいいれておいてください)
・体を冷やすスプレーを持参する
としています。

熱中症寸前に凍らせたタオルで顔・うなじを冷やすことでかなり頭に温度が上昇するのを防ぐことができることと
濡れた部分が暖かい風でも当たれば冷えるからです。

次に氷だけを入れた水筒。
これは結構重宝です。
というのも、ポカリスエットでもいいんですが、粉末状のスポドリを持ち歩き
氷と水の入った水筒に半分入れるだけなので、とても楽ですし、冷たいものが体を冷やしてくれるので
大変助かります。

この時スポーツドリンク、というのがポイントです。

熱中症予防にはナトリウム補給が重要

私達世代は中学生の頃運動部などでは夏でもなかなか水分を摂らせてもらえなかったものです。
今よりもそこまで猛暑といっても気温は高くなかった記憶です。

それでもその頃、スポーツドリンクの水筒とかみんな持ってましたけどねw

さて。熱中症予防というか、大量に汗をかいた時には、汗をかいた分は水を飲めないので
自発的脱水を起こしてしまいます。
自発的脱水というのは汗をかいて、喉が渇き水だけを飲んでしまうと血液のナトリウム濃度が下がるため
水が飲めなくなるのです。

私達人間の体にはほぼ0.9%のナトリウムを含んだ血液が循環しています。
汗も同じくナトリウムが含まれています。
大量に汗をかいて汗が乾くと塩が出ますよね。
それだけ体内からナトリウムが蒸発してしまっているのです。

大量に汗をかいたときに水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄くなり、これ以下にナトリウム濃度を下げないために、水を飲む気持ちがなくなっちゃうんですね。
人間てすごいですよねー。

同時に余分な水分は尿として排出されてしまうので、この状態になると
汗をかく前の体液の量を回復することができなくなり
運動能力が低下し、体温が上昇し熱中症の原因となるのです。

なので、熱中症対策には必ずスポーツドリンクを飲むようにしましょう。
ナトリウム入りというのがポイントですよ。

暑い夏はこれからです!
熱中症にならないよう、対策と予防策をして楽しく夏を過ごしましょう〜

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>