6月から始まった自転車に関する道交法の改正内容とは

13801_01

2015年6月1日から道路交通法が改正され、自転車への罰則が強化されるようになりました。
我が家は次男を除き、夫、私、長男、三男は自動二輪の免許を所持しているので
自転車はほぼ乗りません。

が、バイクを乗るが故に以前から
「ヘルメットは絶対にかぶっていたほうがいい」
「子供を前後に乗せるお母さんたちが危なくて仕方がない」
「イヤホンで音楽聞きながらチャリに乗ったり歩いている人はマジ危険」
てな話はしていました。

13801_01
自分は自転車に乗らないから知らなくてよいというわけではないので
ちょっと詳しく書いていこうかと思います。
(書けば私も忘れない)

自転車に乗ってスマホをいじっていたら罰金刑になるかも???

今回の改正点では自転車の安全面について大きく改正されたようですね。
3年以内に2回以上、交通ルールを違反した14歳以上の人に対して、「自転車運転者講習」という安全講習の受講が義務付けられました。
もし、受講しない場合には5万円以下の罰金刑が適用されます。
自転車運転者講習の受講時間は3時間。手数料には5,700円かかります。

13801_02
13801_03

自転車運転14項目の危険行為とは

私は常々「自転車にもウィンカーをつけてもらいたい」と思っている人です。
自分がバイクに乗るせいもあり、左折するときには必ず後ろにバイクがいないか確認します。
バイクがウィンカーを出していればこっちが速度を落として先に行かせます。
ウィンカーを出していなければ当然、停止して通り越すのを待ちます。
自転車もウィンカーがあれば「自分は道路で運転をしているのである」という自覚が出るんじゃないかと思うんですよねー。

特に小学生以下のお子さんたちは住宅街などだと
後ろを見ないで道路の左端から右端にぴゅぴゅーっと渡りますから怖いんですよ・・・。

で、警視庁が発表した危険行為の14項目。
「え?こんなのも?」と感じられるものもあれば、一見わかりづらい説明なので(免許の試験問題もそうだけど、わかりづらい)
詳しく確認していこうと思います。

 今回、「危険行為」として挙がった14項目は以下の通り。この行為をすれば、「ルール違反」となります。

(1)信号無視
(2)通行禁止違反
(3)歩行者用道路徐行違反
(4)通行区分違反
(5)路側帯通行時の歩行者通行妨害
(6)遮断踏切立入り
(7)交差点安全進行業務違反等
(8)交差点優先車妨害等
(9)環状交差点の安全進行義務違反
(10)指定場所一時不停止等
(11)歩道通行時の通行方法違反
(12)ブレーキ不良自転車運転
(13)酒酔い運転
(14)安全運転業務違反

まず一目でその意味がわかるのは、
(1)信号無視、(6)遮断踏切立入り、(10)指定場所一時不停止等、(12)ブレーキ不良自転車運転、(13)酒酔い運転
あたりでしょうか。

このうち、(10)の指定場所一時不停止等とは、いわゆる一時停止の標識を無視したケースです。
道路標識に「軽車量を除く」などの表示があれば自転車も対象です。
車両禁止・車両通行止めという標識が道路にあったら自転車は通行してはいけません。
違反すると(2)の通行禁止違反となります。
13801_04
13801_05

また、(12)ブレーキ不良自転車運転は、ノーブレーキ・ピストバイク(ブレーキ装備のない固定ギア自転車)などがあげられます。

酒酔い運転は・・・理解できますよね。
ただ・・・自転車で駅まで行って電車で会社まで行っている方は
忘年会や接待などがあると困りますよね。
しかし、忘れてならないのは自転車は軽車両なんです。

ついつい忘れる「左側通行の徹底」

自転車にしか乗ったことがない人は交通標識はほとんど理解していない人のほうが多いんじゃないでしょうか。
上にあげた進入禁止や一方通行の標識。
これは車だけではなく自転車ももちろんNGです。

自転車は操作を誤れば大事故につながります。
飲み会がある日は自転車を押して帰るなど、自分なりに工夫をしなければなりません。

また、必ず徹底してほしいこと。
それが歩道走行の禁止と左側通行の徹底です。

歩道走行をすれば(2)通行禁止違反に
右側通行をすれば(4)通行区分違反になります。

自転車は車道を通行すること。
自転車事故の多くの場合、交差点やカーブで向こうから来た車と出合い頭に衝突するパターンです。

右側通行は車と逆走の形になるので、車からすると死角になってしまうため事故が多いんです。

歩行者に「チリンチリン」と鳴らすのは違反

歩道を走っていて、目の前にいる歩行者にベルを鳴らすのは
今に始まったことではなく、実は以前から禁止行為です。

本来、軽車両なのですから車道を基本的には走らなければなりません。
これは自転車に乗る人だけではなく車を運転する人にも理解してほしいルールです。

自転車が歩道を走ることが許されているケースは
・運転者が13歳未満か70歳以上
・身体障碍者
・標識などで歩道通行が許可されているところ
・車道が工事などで危険と思われるところ
です。

しかし、その場合にも歩道でのルールがあり14項目の中の(3)歩行者用道路徐行違反と(11)歩道通行時の通行方法違反。

歩道を通行する際には徐行すること。早歩きくらいのスピード、と考えてください。
また歩道を通る場合には自転車は車道寄りを通りましょう。

一番最初の画像は車道の端などにある路側帯で自転車の通行が許可されています。
しかしこれもあくまでも歩行者の通行を妨げてはなりません。
妨げた場合14項目の(5)路側帯通行時の歩行者通行妨害となります。

スマホ、イヤホン、傘はダメ

車を運転していて、最近とてもいやなのがこれです。
スマホ、イヤホン。
これは(14)安全運転業務違反にあたります。
前方不注意にもなるし、片手運転にもなります。
一番いやなのはスマホをみながら自転車を運転している人
イヤホンをして何かを聞きながら自転車を運転している人
左側に寄っていてくれればいいですけど(それでも突然右に出てきたらいやですが)
真ん中くらいにいて、クラクションを鳴らしても聞こえない、危ないということ。

傘さしもNGです。

両耳イヤホンがダメでも片耳ならいいのではないか、という議論があったようで
警察も管轄ごとに判断が分かれている、とのことですが
私は両耳でも片耳でも「周囲の音が聞こえないほど集中していたらNGだろう」と思います。

何かほかのことに集中していたら周囲の音って聞こえなくなりますよね。
その時って両耳も片耳も関係ないですよね。

自転車はバイクよりもスピードは出ないけれど
転べば怪我をするし人にぶつかれば、怪我をさせてしまうものなのです。

自転車は原付バイクと同じです。意識を変えて乗りましょう

自転車は原付バイクと同じです。

本来なら、自転車も免許制度まではいかずとも講習を13歳以降は受けないと乗れない
くらいにしないといけないんじゃないかなーって気がします。

バイクや車の免許を撮るときに初めて標識を勉強する
のでは、自転車に乗っている人たちが
「改正後 厳しすぎる・・・」と感じてもおかしくはないのかも。

夜の自転車の無灯火、二人乗りとか、本当に危険なんですよ。

自転車は適度な運動にもなるし、便利だけど
人にぶつかれば怪我をさせてしまうものであり
道交法を守らなければ事故にあってしまうことも。

もしお子さんが自転車に乗っているのであれば、まず自転車の道交法を
おしえてあげてください。

私的には
イヤホン、スマホ、子供を前後に乗せた人 とてもいやです・・・。

特に子供を前後なんて、転んだら怪我だけじゃ済まないことたくさんありますから。
子供の命に関わること ということ忘れないでくださいね。
*私は3人息子がいますが 小さいころ自転車の後ろに乗せたのは3回程度だし
前後には載せたことはありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>