「ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望」を読んで。私にもそんなことがあった。公園友達ママや幼稚園ママとの付き合いは子供がいるからこそ難しい。声を大にして言いたい!困るものはいなくてもいい!と割り切ることも大切!

ママ友,必要?

大手小町に「ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望」というエッセイ漫画が第3章の(4)まで掲載されていたので、一気読みしました。

ママ友
幼稚園で知り合って、初めて仲良くなったママ友。
子供も交えて仲良くなり、グループもできた。
幼稚園での保護者参加の行事、幼稚園への送り迎え。
ママ友との集まり。楽しくて学生時代に戻ったみたいに
名前で呼び合う仲になっていた。

それがママ友との関係がこじれて一気に子供との幼稚園ライフが地獄に・・・。

というあらすじです。
最期までは掲載されていないので気にはなるんですが、
もう・・・思い当たることばかり。
これはですね、、、私も覚えがあります。

私の場合:住んでるところ編

我が家は男の子の年子3人です。
三男が今年成人になるので、もう20年前の話になりますが、
当時、私が住んでいたマンションは4階建てで各階4世帯と小さなマンションでした。
すぐとなりには倍の世帯が住める5階建てのマンションがありました。

この2つのマンションはできたのが同時くらいだったため
同じくらいの年代の家族世帯が集まり、子供たちの年齢も4歳くらいまでの子供たちが多く、よくお隣のマンションと交流していました。

長男が10か月のときに、そのマンションに入り、その半年後くらいには次男が生まれ、よく年には3男が生まれ(笑)
お隣のマンションには長男よりも1つ年上の男の子、それ以外はほぼ女の子ばかり。

みんなそれくらいだったので公園よりも、お隣のマンションの敷地内で
よく遊んだり、お互いの家におよばれなどして過ごしていたんですね。
およばれ、といっても1対1ではなく、もうそれは集団でw

その中のとあるママがよく企画を出す人で、
お節句だー、ひな祭りだー、夏になるとビニールプールをマンションの駐車場にある水道を使って出してたんです。
みんなの中でも年も上でおそらく35くらいだったんじゃないかな~。
いわゆる「ボスママ」です。

ボスママは2歳だろうが3歳だろうが、自分の子がいけないことをしたら
叩く人でした。優しく最初に注意して、やめなかったら怒る。んじゃなくて
いけないことをしたら怒鳴って叩く。
その後なぜこういうことをするのかと聞いて、無理やりその場から子供をひっぺがしちゃうような人だったんです。
今思うと、彼女も彼女なりに余裕がなかったのかもしれませんが、
当時は「これが私の躾の方針だから!」という態度だったんです。

この方の子が男の子で、その子がまたよく噛むんです。
気に入らないことがあると噛む。私はさすがにわが子が噛まれるのはイヤだし
かといって2,3歳の子供に母親の目の前で注意するのもはばかられてしまうし
その子が噛んだということが彼女の目に触れると、彼女がバンバン子供を叩く。
それを見るのもイヤだったし、彼がかわいそうだったので、
できるだけ遊ぶときにも近くないように少し離れて遊ばせたりしてたんですが
それがいけなかったのかなー。(今ならわかる)

ある日公園で、長男が噛まれたんです。
当然、長男、泣きます。
私も優しく「噛んだらだめだよ~、痛いからね」と言っていたら
ボスママ登場。
その時私に言いました。
「○○君も痛かったらやめてって強く言わなくちゃだめじゃない!!!」
と。
息子まだ2歳とかですよ?年上で毎回叩かれたり噛まれたりする子に言えるわけないじゃないですか。
私は唖然としながら
「あぁ、、、なるほど・・・。わが子が違う子に乱暴したら怒らなくちゃいけない。
それも本当は自分でもとってもいやなんだろうな。
〇〇(わが子)が反抗しないでやられてるから、怒らなくちゃならなくなるじゃないって思ってるんだ・・」

と思ったんです。

それからです。

あからさまに、マンションでのイベントにも誘われなくなり
道端であっても、目が合ってるのに無視されるように。
私はそれでも挨拶だけはするようにしていたんですが
かわいそうなのはわが子たちで。

隣のマンションでキャーキャーワーワー言いながら遊んでいるのは
我が家のベランダから見えるんですよね。

「ぼくも遊びたい」と言われても、もうあっちで遊んじゃいけないのよ
って言えなくて、私は隣のマンションとの交流を断つようになりました。

今でも覚えているのは、私の母が我が家に遊びにきたときのこと。
私と母と子供たちが歩いているときに、偶然、彼女に会いました。
ずーっとこっちを見てるんで私は挨拶したけれど
ガン無視されたのです。

そこまで私は悪いことした????
なんでそこまで無視されなくちゃいけないわけ?
子供が「〇〇君ママ、こんにちは」って言っても無視。

隣のマンションからは子供たちとママたちの楽しそうな声。
でも私はその中にはもう入っていくことはできず
わが子たちが不憫でなりませんでした。

ママ友とこじれると 子供に大きな影響を与えるんだ・・・
と実感したのは この時です。

特にそのママと仲良かったわけではないけれど、ボスがいろいろ企画するんだから、呼ばれなかったらそれまでです。

ま、、そのとき
果たして子供がいなくて、彼女がクラスにいたら友達になってるのかな、私。
と考えたとき、出た答えは「NO」です。
自分はそんなつもりないんだろうけれど
威圧感が出てる人って苦手なんですよ、、、私。

もうマンションとは決別して、公園に毎日行こう。
そう思ったのはこのころです。

私の場合:公園ママ友編「そうだ公園に行こう」

公園デビュー,怖い
当時ママ雑誌などでよく特集を組まれたのが
公園デビュー」です。

なんとwikiにもちゃんと公園デビューがあったので掲載してみます。

公園デビュー(こうえんデビュー)とは、幼児が1歳を過ぎてヨチヨチ歩きを始めた頃に、母親が近所の公園(砂場や滑り台、ブランコなどがある空間・いわゆる児童公園)に子供を連れ出して、そこに集まってくる他の母子連れの仲間入りを果たすこと。1990年代中頃からマスコミで使われるようになった。子供が地域の子供コミュニティに顔見せをすることではあるが、同時に母親など保護者が、地域の母親(保護者)コミュニティに参加することも意味し、特に母親など保護者のコミュニティは育児に関する一般的な情報から、地域に固有の育児情報の共有、あるいは保護者同士の交友や気晴らしといった機能も持っている。
公園での母親たちの井戸端会議は、子どもの幼稚園・保育園選びから、季節の病気、衣服、発達段階ごとの注意事項、小児科選びなど、育児と幼児の健康についての情報交換を行う事もある。またこういった地域コミュニティへの参加から、家族同士の交流などを通して、地域社会への参加などといったものへも繋がる。

私も多分に漏れず、長男が一度1歳くらいでデビューしました。
すぐに次男が生まれるので、前述の隣のマンションの人たちと顔出し程度。
本格的な公園デビューは次男が生まれて、2,3か月くらいの頃でしょうか。

長男も歩けるようになり、隣のマンションとは交流を断ち切ったので
公園で子供の友達ができるといいな・・・という気持ちで。

そこで知り合ったのが、長男と生年月日が同じで性別も同じ男の子のママです。
このママはすごくさっぱりしている人で、つきあいやすい~って人だったんです。
最初は・・・。

そのうちほかに2人、子供の年齢が同じで性別は女の子のママたちと知り合い
常に4人で行動するようになったのです。

公園に行く時間も大体同じくらいで、
お昼近くになると、夕飯の買い物も一緒に行って、お昼をかねて誰かの家に行く。
5時近くになったら帰宅する。

という毎日になったのです。

私は「あぁ、グループに入れた。子供にもいい友達ができた」
とすっかり安心していました。
ほとんどがサバサバママのおうちにおよばれしていたので
お菓子やジュースをみんなで分け合って買って、
サバママが作ったものをいただいたり。

女子高の頃に戻ったかのような感覚に陥っていたのです。

でもそんな毎日が続いているうちに、、、
やはりそのサバサバママの性格がチラホラ見えるようになりました。

長男は比較的、小さい頃から背が大きい子でした。
サバサバママのサバ君もそれまでは同じくらい大きい子で
周りにはサバ君より大きな子はいなかったみたいなんですが
うちの子が抜いちゃったんですよね・・・。
彼女の中では「同じ年代の中で背が高いわが子」は自慢の1つだったみたいで。

で、うちの長男、字の覚えも割と早かったんですが
それもショックだったぽく、背、字とうちが先だったのが多分、ピンときちゃったのかな・・とも思うんですが
ことごとく、我が家と張り合うようになりました。

我が家が車を買えば、わざわざ電話をしてきて
「これから新車を見に行こうと思うんだけど~」
夫が会社を始めれば
「うちのパパも会社を譲りたいって人がいるから悩んでたけど
会社って大変ジャン~ 社長は大変だしね~ やめなよって言ったんだ~
るじゅさんちも大変だよ~ これから」
と言われ・・・。
徐々に、、、なんとなく発言がどこからともなく上から目線で話されてることが多いことに気が付いちゃったのです。

あー、、、これは、、、ライバル視されちゃってるんだな・・・
と感じるようになってからは、、、やはり徐々に距離を置くようにしました。

ママ友は友達じゃない

もちろん稀に本当の友達になることもあるとは思いますが
私は、マンションのボスママのように威圧感を与えられてしまうのも苦手だし
どっからくるの?その上から発言 という人も苦手です。

自分が苦手でも子供が仲良しだし ということで悩むけど
幼稚園前までだったら、地域の育児サークルに入ればそれなりに遊べるし
集団生活の前練習にもなる。

なにより兄弟3人なんだから、3人で遊ばせててもいいじゃん。
そう思えるようになったのです。

上から目線に気が付く頃と同じくらいに1人のママの家がご主人の転勤で引っ越されました。
引っ越してからはほぼ連絡を引っ越した人と取り合うこともなく
「あぁ、、、友達って言っても引っ越したら音信不通にお互いなるなら
友達じゃないのかもしれないな~」とほわっと考えて。

それからは私は育児サークルに入りました。
総勢30名ほどもいるところなので、そこでとっても仲良くなる人も特になく。
週に1度の活動なので、私も週1で会う程度ならば距離感をそれなりに取ることもできます。

そして、サバママともう1人のママが入れる幼稚園とは別の幼稚園を選ぶことで
完璧にその輪はなくなりました。

幼稚園を別に選んだこともなんだのかんだの言われました。
「あそこはお勉強中心なんでしょ~?うちは子供のうちはのびのびさせたいから」
とか^^;別に勉強させたいとかじゃなく
往復バスだし、彼女はのびのびさせたいから って言いながら
習い事させてたんで、それも疑問だったり・・・。

幼稚園選びは夫の一言で決まりました。
「習い事いろいろさせて幼稚園のびのびっていうのもアリかもだけど
幼稚園でいろいろさせてくれるんなら そっちのほうがいいんじゃないの?」
はい、それで決定です。

そのセリフはサバママには言えなかったので
「だんながそこでいいんじゃないっていうからさー」
で終了ですw

ママ友が本当の友達とは違う 子供のためにママ友は必要なのか?

ママ友,必要?
こうしてマンション、公園と失敗してきたわけですが
育児サークルや幼稚園でのママ友作り、ママとの付き合いは失敗しませんでした。

まず
ママ友は本当に必要なの?
という疑問。

子供に友達を作ってあげるには、子供同士が仲良くなるためには
ママ同士が仲良くならないと・・・と考える方も多いと思うんですが
小学校までならば、これは正解でも不正解でもない、と思います。

確かにママ同士が仲が良ければ子供も一緒に遊ぶチャンスも多くなるので、幼稚園などでもその延長で遊ぶということもあります。
また、ママ友がいないと結構さみしいのが
保護者会だったり、幼稚園での保護者参加の行事のときだったり。
ほかのママ友グループが仲良くわいわいやっているときに
自分ひとりポツーンとなってるのってさみしいですからね・・・。

ただ、子供は幼稚園児ともなれば自分の力で友達を見つける力もそれなりにあります。
そしてお母さん同士の相性が良ければ子供同士の相性も良いかといったら、一概にはそうでもなかったりしますよね。

逆にお母さん同士のつながりが薄くなると子供も自然と離れていくケースも少なくありません。
私の場合もそうでした。
付き合いをやめたときに子供たちから「〇君と遊びたい」と言い出すこと、実はほとんどなかったんです。
公園に行ったときに「今日はいないね」という程度です。
つまりは、私の付き合いに合わせていただけで、子供からしたら相性はさほど良くなかったのかもしれません。

幼稚園で仲が良かったママ&お子さんのことは
長男はいまだに言いますから、相性が良かったんでしょうね。

子供のために!とママ友と付き合うことが楽しいのは問題ないんですが
問題が起きた時に「私だけじゃなく子供も仲間外れになってしまったらどうしよう・・・」
こう考える人、多いですよね。
私もそうでした。

でも子供にも友達を選ぶ権利もあれば、自分たちで友達を作るという力をつけてあげることが大切なのです。
母親同士が仲良いから子供たちも・・・というのは友達を作る力、機会を奪ってしまっていることもあるかもしれない。

ママ友は、ある程度距離を持って付き合うのが
一番じゃないかな・・・・と思うのです。

そして、もういや!!!ということがあったら
それは断ち切ってしまっても構わないと私は思います。

ママ友から友達になることもある

幼稚園時代は本当にママ同士の付き合いは濃厚です。
我が家は小学校の途中で引っ越してきたのですが
そこは、どの学年も1クラス。だからクラス替えもないし
みんな幼稚園も同じでママ同士の付き合いの濃い関係が小学校まで影響していました。

途中で越してきた私はママ友はできませんでしたが
それはそれなりに楽でしたね~(笑)
とまで思うようになるには、それなりにママ友付き合いに苦労したからです。

好きな趣味が似ていたり、同じような子育ての悩みを共有したり。
いろんな出来事がママ友を大切な仲間になってゆくものもありますが
卒園したから離れていくこともあれば、ずっと付き合いが続く人もいます。

ママ友は面倒だから必要以上に付き合わない、というのも1つの考え方。
確かに面倒なことも多いですしね。

でも、付き合い方やどんな人と付き合うかという自分の尺度さえしっかりしていれば、ママ友が大切な友だちに昇格する可能性は限りなくあるものと思いませんか?

ママ友怖い・・・こういう時って、自分の世界がとっても狭くなってることも原因の1つだったりします。
なので、どうしようもなくママ友との関係がこじれて悩んでしまったら、ちょっとだけ違う世界に入ってみてもいいかもしれませんよ?

悩んだらコメント欄に相談してくださっても構いません!
1人で抱え込まないこと、これが大切ですよ~

数日後の加筆:そういえば、当時
「こんな仲間外れとか大人がするから いじめなくなんないんじゃね?
てか、お前らの子供は母親見て いじめ方覚えるぞ!」
って、ものすごく思いました。
ま、越しちゃったから彼女たちのその後は知りませんが
大人が自分の子供が小さいうちから、いじめみたいなことしてたらお手本にするんじゃないの?
と今でも思います。はい。

ママ友がこわいの漫画の主人公さんは、自分の知らないところで
仲が良かったママ友から恨み買ってたみたいですけどね。
「夫が主人公さんを若いってほめた」
「不妊治療の考え方が異なる」
「自分より若いことを実は気にしてた」
的な。女って・・・業が深いですね;;

スポンサードリンク

5 件のコメント

  • はじめまして
    ママ友がこわいと検索したらこちらまでたどり着きました。
    今幼稚園に通う子供がいます。
    まさに今、ママ友がこわい状態です 笑
    バス通園なのでそのママさんとは普段は会うことがないのが救いですが、遠足や保護者会の時はやはり気が重いです
    そうそう、本人に自覚がなくても威圧感があるんですよね…
    そういう人ってたいてい友達が多そうだったりするんですよね
    苦手です
    ってかむしろみんななんで普通に話せるんだろうって不思議です
    私なんか話してる時もう顔が引きつってるの自分でもわかるんだけど
    みんな、同じように無理してるのかな?それともそれを苦手だと思う私が変なのか

    最後に少しマンガのネタバレをしていただいてますが、すごく納得というか、私も相手より4つ年下なんです。

    なんとも思ってなかったですが、やはり相手は気になるのかな…と

    私なんか格好地味だし、社宅だし相手はすごく身奇麗にしてて余裕があるお家なのに…

    まぁそれは下に見ることができるけど、年齢はどうしても引っかかるのかなー

    女ってめんどくさいですね笑

    でも、こちらをみて、幼稚園に気軽に話せるママさんがいないことが少し悩みましたが、いなくてもいいんだって思えました!

    無理しないことですよね

    確かに学生時代なら絶対避けてるタイプでした

    つぶやきにお付き合い頂きありがとうございました!

    • れーれーなさん

      コメントありがとうございます^^

      いますねw 威圧感のある方。
      本人は意識してないと思うんですが 目力や発言が強い方は
      どうもそう感じられてしまいますよね。
      仲が良い方々は「いや、あの人 話してみるときさくでいい人なのよ 優しいし」
      ということなのかもしれません。

      が、お子さんが幼稚園でその方のせいで 仲間外れになっている
      とかでなければ あまり気になさらず
      私は私なので、なにか?
      って思っていればいいと思います^^

      うちも3男が幼稚園の時は上2人の時に仲の良かったママさんが
      みな卒園してしまったので 3男の時には誰もいないし 周りはとっくにグループできてるしで
      もういいや~ 面倒だし。と思うことにしていました。

      また何かあったら つぶやいてくださいませ^^

  • はじめまして。

    ママ友との関係に悩んでいる二児の母です。

    上の子が幼稚園の年長なのですが、なかなかうまくお付き合い出来ずに悩んでいます。下の子がまだ小さいので園庭で遊ぶのに付き添っていないと危険で、ママ同士のお話に参加出来ません。

    もともと人見知りでうまく話そうと思えば思うほど緊張でうまく話せず、楽しく話したいと思っているのですのがうまくいきません。

    年少の頃に仲良くしていたママ達と少し距離を感じています。何か気に障ることを言ったのではないかと悶々とする日々です。

    以前勤めていた会社で、言った覚えのない噂が流れて部署の先輩や同期との関係がうまくいきませんでした。またかという気持ちでいっぱいです。開き直ってしまえばいいのですが、人間関係って難しいですね。

    愚痴になってしまい申し訳ありません。

    • 二児の母様

      こんにちは^^コメントありがとうございます^^
      わかります、わかります。

      下のお子さんはおいくつなんでしょう?
      園庭ということは、幼稚園のお迎え時にみんなは子供同士で遊んでママたちはチラ見しながら会話。
      ということなのかな?
      うまく話そうなんて思わなくていいんですよ、多分。
      話そうとすればするほど何話していいのかわからなくなると思うし、お話したいならば、相手がどんなことが趣味で興味があってっていうところを会話の中から聞き取って、あぁそうだな、そうそうってことがあったら そうですよねーってうなづくだけで、相手の方は好意をもってくださると思います。
      何がきっかけで友達になるか、なんて誰もわからないことですしね^^

      笑顔でうなずくだけで私はいいと思いますよ。
      以前は仲が良かったママたちと少し距離を置かれてるというのは、最近なのでしょうか?

      「ママ友作らなくちゃ」という意識にとらわれていませんか?
      ズバっと言っちゃうと ママ友なんて親友にでもならない限り 一過性のただの顔見知りです。
      気に障ることを言ってないなら堂々としていればいいんです。と思います。
      本当に気になるなら理由を聞いた方がいいと思うけど、理由を聞いても大したことがないと思うんですよね。

      きっと二児の母さんは人の気持ちを自分のことよりも先に考えてしまうお優しい方なのだと思います。
      そんな自分にもう少し自信を持っていいと思いますよ~^^

      子供は小さいうちはママの笑顔が一番です。
      下のお子さんも、幼稚園に入るとなかなか今のようにべったりする時間はなくなってしまいますから、今がべったり時と思って割り切る必要もあるかと思います。
      難にもアドバイスも力付けもできないレスですいません^^;

      愚痴はいつでもOKです^^何かありましたら、またここに吐き出しにきてくださいませ^^

  • こんばんは。お返事ありがとうございました。話を聞いて頂けて、心が軽くなりました。

    下の子は二歳です。お迎え後の園庭はたくさんの子供でごった返しているので、目を離すのは少し怖くて。お母さん達が集まって楽しそうに話してるのを羨ましく思いつつ、下の子を追いかけてます。

    気にし過ぎず、ほどほどの距離感でお付き合いしていきます。

    また愚痴らせて下さいね。ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>